インタビューを受けました。

先日、乳幼児保育の情報サイト「ほいくis」でスウェーデンの保育についてコラムを書いていらっしゃる、よしざわたかこさんからインタビューを受けた記事がアップされました。→記事はこちら

私の今までの経緯、スウェーデンの幼児教育、絵本、私の訳書について等を2回に渡って掲載されます。1月は前半です。

Jag blev intervjuad av Takako Yoshizawa för en informations sajt om förskolepedagoger i Japan. Den handlar om min profil, svensk pedagogik på förskolor, barnböcker och mina översättningsböcker. Artikeln del 2 kommer om en månad.

Continue Reading

ビリーとソーセージと海

今年度のアウグスト文学賞にノミネートされたユリア・ハンスソン作の絵本Billie, Korven och Havet (「ビリーとソーセージと海」)。

Billie, Korven och Havet av Julia Hansson som är nominerad till årets Augustpris.

ビリーはママと犬のソーセージと海に出かけました。

ソーセージは嬉しそうに走り回りますが、ビリーはちっともおもしろいと思えません。

ママに言われて、ビリーは恐る恐る海に入りました。

すると、突然足がちくっと痛みました。クラゲがビリーの足を刺しました。

ビリーが浜辺で休んでいると、ソーセージが海中メガネを咥えてビリーのそばに寄ってきました。ビリーは勇気を振り絞って海中眼鏡をつけて海の中に潜ります。海の中は静かな森林のようです。たくさんの生き物が暮らしています。海の底には、何かが光り輝やいています・・・。

Billie har kommit till stranden med sin mamma och sin hund Korven. Hon tycker inte om att vara där medan Korven är glad och springer runt.

Billie går in i vattnet för att mamma tyckte att hon skulle göra det, men när hon har kommit i vattnet blir hon bränd av en manet på benen….

Efter en stund vågar Billie gå i vattnet igen med ett cyklop på sig som Korven hämtat på stranden. När hon doppat huvudet i vattnet uppenbarar sig en skog där allt levande bor…..

一度は怖い体験をしつつも、勇気を出して海に入り、海の美しさを発見する物語。光や影の描きが綺麗な作品です。

En berättelse om att våga bada i vattnet trots en hemsk upplevelse och upptäckandet av en underbar värld under vattenytan. Vackra bilder med ljus och skuggor.

Continue Reading

フアンとロザリア −こいものがたり−

バルブロ・リンドグレーンとエヴァ・エリクスソンの新しい絵本Juan och Rosalia「フアンとロザリア −こいものがたり−」

赤毛のフアンは毎週日曜日に街の広場で踊るロザリアを見に行きます。ある日、広場の音楽が止むと、ロザリアはカポックの木の下で休みました。フアンは勇気を振り絞ってロザリアに声をかけます。それから2人は毎週日曜日ロザリアの広場での踊りが終わると、カポックの木の下に座り、少しずつ仲を深めました。

ところがある日、ロザリアは広場に来ませんでした。フアンは心配になり、ロザリアに会いに行くことにします。ロザリアが以前話してくれた家までの行き方を思い出して、フアンはロザリアの家を探します・・・。

内気な男の子が、恋のことなら少し大胆になれる、可愛らしい作品。

Juan och Rosalia av Barbro Lindgren och Eva Eriksson

Varje söndag kommer Juan till torget för att se Rosalia dansa. När orkestern på torget tystnar sätter hon sig under Kapockträdet och vilar en stund. Då vågar Juan prata med henne. Efter det sitter de under Kapockträdet efter hennes dans på söndagarna, lite närmare varandra varje gång.

Men en söndag är Rosalia inte på torget när Juan kommer. Ingen vet var hon är. Juan försöker komma ihåg när hon berättade vart hon bor och leta efter henne…..

En gullig och värm kärlekshistoria som handlar om en liten pojke som är lite blyg men kan våga mer för kärleks skull.

Continue Reading

夏の終わり

先日 、絵本作家エンマ・ヴィルケさんにお目にかかった際に頂いた最新絵本「Kom dagen kom natten(あさがきて よるがくる)」。スウェーデンの短い夏の終わりの1日が、絵巻物のように一枚の紙に綴られた美しい絵本です。

Fick en bilderbok av Emma Virke när vi träffades sist som heter ”Kom dagen kom natten”. Boken beskriver sommarens sista dag. Dragspelsformatet påminner om japansk emaki( illustrated scolls). Så vackert.

Continue Reading

LGBT

今週末はストックホルムLGBTプライドパレードが、コロナ感染拡大予防のためオンラインのみで開催されています。

Johan Ehn(ヨアン・エーン)作の「Hästpojkarna(馬乗りの少年)」はナチス時代の同性愛者迫害がテーマの作品。愛した人が自分と同じ性なだけで、なぜ罰せられなければならなかったのか。決して繰り返されてはいけない歴史が描かれていて、LGBTについて深く考えるきっかけをくれました。

Prideparaden 2020 (digitalt) denna helg️‍!

Jag har nyligen läst färdigt ”Hästpojkarna” av Johan Ehn som handlar om HBTQ i Nazityskland.

Det var hemskt att man straffades om man älskade ngn av samma kön…. sorglig och viktig historia.

Continue Reading

ディンケリ ドゥンケリ ドーヤ / Dinkeli dunkeli doja

レンナート・ヘルシングの韻のことばあそびとわらべ歌を集めた本Dinkeli dunkeli doja(ディンケル ドゥンケリ ドーヤ)(2019 Rabén&Sjögren)。

Lennart Hellsings senaste bok, Dinkeli dunkeli doja(2019 Rabén&Sjögren, är en samling av hans klassiska rim och ramsor.

レンナート・ヘルシングの韻は口に出して読むとなんだか踊りたくなるほど楽しくなる。この本のタイトルも、ヘルシングがオウムにつけた名前で特に意味はない。でも何度か繰り返し読むと、リズムが自然についてきて、頭から離れない。笑顔になれる魔法の呪文のよう。

Ju mer man läser hans rim desto mer känns det spännande och roligt. Rym får så småningom rytm och fastnar i huvudet.

本作には邦訳出版もされたKrakel spektakel köper en klubba(『ちゃっかりクラケールのおたんじょうび』プチグラパブリッシング. 2003 ) とDen underbara pumpan(『かぼちゃひこうせんぷっくらこ』アリス館. 1976) も収められている。イラストは全てシャルロッテ・ラーメルによるもの。シュールと可愛らしさが混ざり合っている。ところどころにレンナート・ヘルシングも顔を出す。

Boken är illustrerad av Charlotte Ramel. Det är surrealistiskt och sött, och man hittar då och då Lennart Hellsing i boken!

メッセージ性はなく、ただただ「楽しい」がいっぱい詰まった一冊。まさに児童文学の原点だと思う。

Boken är bara rolig och det är precis grunden av barnlitteratur.

Continue Reading

オーマルと植物をそだてよう / Odla med Omar

スウェーデンの夏は緑が豊かで、一面雪で真っ白な冬とは対照的に自然が活き活きしています。スウェーデンの冬も悪くはありませんが、夏は日照時間が長く、春に種を植えた植物がよく育ち、気持ちも明るくなります。

Carin Wirsén (カーリン・ヴィルセン)& Stina Wirsén (スティーナ・ヴィルセン)の絵本 Odla med Omar (「オーマルと植物をそだてよう」)には、夏の活き活きとしたスウェーデンの自然が可愛く、色鮮やかなイラストレーションで描かれています。

Odla med Omar av Carin Wirsén & Stina Wirsén beskriver svensk natur och sommar med gulliga och färgglada illustrationer.

オーマルは人参のタネを鉢に植えます。人参が育つまでには時間がかかるので、外に出て時間を潰すことにします。

Omar planterar morotsfrön. Det tar tid innan de växer upp, så han går ut och väntar.

外にはいろんな形、いろんな色の植物があります。

Han hittar många växter med olika färger och olika former.

日が暮れてきました。オーマルは植物たちに別れを告げ、家に帰ります。果たして人参は育っているのでしょうか。・・・

När det blir kväll säger han hejdå till växterna och går hem. Har morötterna växt hemma??

たくさんの植物が出てくるので、見開き1ページ毎に子どもといろんな発見・いろんなお話しができそうです。

På varje sida finns det många växter så man kan hitta och prata om många saker.

Continue Reading

原画展「レーナ・アンデションの世界」/ Utställning Lena Andersons värld

ストックホルムの中心地から電車で20分ほどのところにあるMillesgården(ミレスの庭)美術館で今夏特別展示中の原画展「レーナ・アンデションの世界」に行ってきました。レーナ・アンデションの作品は日本でも『チックタック チックタック』(長下日々訳、フレーベル館)や『マーヤの植物だより』(菱木晃子訳、小峰書店)等、いくつか邦訳出版もされています。

Jag har varit på utställningen Lena Andersons värld på Millesgården som går hela sommaren. Några av hennes böcker har översätts till japanska, t.ex. Tick-Tack, Majas alfabet, m.m.

彼女の絵は細かいところまで全てペンとアクリル絵具で手書きで描かれたものです。レーナの器用さ、絵の美しさに感銘を受けた原画展でした。

Alla hennes verk är målade i tusch och akvarell med mycket detaljrikedom. Jag rekommenderar varmt den vackra utställningen.

Continue Reading

2018年の児童書統計と2019年春の新刊

先週は児童文学のイベント続きでした。

まずはスウェーデンの子どもの本研究所( Svenska barnboksinstitutet) が2018年に出版された児童書の統計や傾向を発表しました。昨年度は2308点の児童書が出版され、そのうち大きな割合を占めるのが絵本で860点、次が科学の本413点 、その次がキャプチャーブックで380点でした。

近年は児童文学の中に社会問題を提起するものが増えています。昨年度も差別や社会的及び経済的格差の現状、そういった現場に異議を唱える子どもの姿などが描かれました。また、環境問題やフェミニズム、動物愛護に関しては子どもや大人が自ら取り組む姿なども描かれています。

絵本の分野で特に大きなキーワードとなったのは「体」でした。いろいろな体のタイプ、例えば障害者、さまざまな肌の色、性別の違いや年齢の違いなどが絵本に描かれました。

同研究所の統計でよくピックアップされるのが馬がテーマの本です。スウェーデンでは馬好きな人は本当に好きで、子どもが乗馬を習うのも珍しいことではありません。ただ、馬をテーマにした本は年々減っているそうです。

その次の日は、出版社Opal(オパール)社、Lilla Pirat(リッラ・ピラート)社、Natur&Kultur(ナチュール&クルチュール)が共同で、その翌日はBonnierCarlsen(ボニエルカールセン)社が春の新刊紹介会を開きました。早朝からサンドイッチとコーヒーの朝食付きで、作家さんたちが春の新刊についてお話してくれるもので、朝のすっきりした頭で聞けるし、会は9時から10時の間には終わるので仕事前に時間を取りやすく、とても効率的です。

気になった本の中の一冊がアニカ・レオーネ文&ベッティーナ・ヨハンスソン絵の『Bara rumpor(おしりばっかり)』という絵本。主人公のミーラはある土曜日にパパとママと温水プールに出掛けます。プールの脱衣室ではいろんな人が裸です。みんな似ているようで、どこかそれぞれ違う体にミーラは目が離せません・・・・。

おしりやおっぱいがたくさん描かれていてちょっと照れますが、子どもの関心をよく捉えた絵本です。普段見ている自分や家族の体とは同じようで、少し違ういろいろな体を見るのは、子どもにとって新鮮な体験。そうやって子どもは、人間って人種や年齢はもちろんのこと、一人一人個性があることを知るのかなと思います。

Continue Reading

恋愛に年齢は関係ない/ Ingen är för gammal för kärlek

スウェーデン人の恋愛観は日本と少し違う。恋愛に年齢は関係ない。幾つになっても、異性との出会いを求め、恋愛をする人が多い。

Svenska syn på kärlek är annorlunda än japanska. Ålder är inte viktigt för kärlek. Man vill gärna träffa någon även när man är gammal.

Anna Ehring (アンナ・エウリング)文& Lotta Geffenblad(ロッタ・ゲッフェンブラード)絵の絵本”Gammelmormor och kärlek(ひいおばあちゃんと恋)”も、恋をするのは語り手のデイシーのひいおばあちゃん。ひいおばあちゃんは100歳に近い年齢だ。ある日、デイシーとママはひいおばあちゃんを訪ねた。三人で車でお出かけしている時にママはひいおばあちゃんの知り合いのアーネを訪ねることを提案する。アーネは以前、ひいおばあちゃんと恋仲になったことがある。アーネのマンションの前まで来ると、ひいおばあちゃんはソワソワし始める。

I boken Gammelmormor och kärlek av Anna Ehrig &Lotta Geffenblad är det Daisys gammelmormor som är kär. Hon är nästan 100 år gammal.

Daisy hälsar på sin gammelmormor tillsammans med sin mamma. Mamma föreslår att de ska fara och hälsa på gammelmormors gamla vän Arne. Gammalmormor verkar vara lite nervös när de har kommit fram i hans lägenhet.

アーネはひいおばあちゃんを見ると嬉しそうだった。ひいおばあちゃんの頬は赤くなる。二人は手を取り合ってソファーに仲良く座り、話に夢中になる。

Arne blir glad när han ser gammelmormor. Hennes kinder blir röda. Hemma hos honom fnissar gammelmormor och Arne tillsammans på soffan.

帰り道にひいおばあちゃんはデイシーに「私はもう恋愛するような歳ではないわ。」と言う。でも、家に着いて、アーネから電話がかかってくると満更でもなさそう。翌日ひいおばあちゃんはめいっぱいのお洒落をして家にアーネを迎える。ソファーの上で頬を赤らめながら二人でヒソヒソ話をして、まるで恋人のようだ。

På vägen hem säger gammelmormor till Daisy att hon är för gammal för kärlek. Men hon blir så glad när Arne ringer henne när de kommit hem. Dagen efter hälsar han på henne. Hon fixar håret ordentligt och klär på sig en fin klänning. I soffan sitter de och viskar varandra med röda kinder.

お年寄りの恋愛について子どもと考える機会が少ないのはなぜだろう。この絵本はお年寄りについて、恋愛について、人の生き方について、子どもと考える機会をくれます。

人間はいくつになっても恋をする。恋をしている人は美しく、生き生きとしている。

Varför pratar man sällan med barn om äldre människors kärlekar. Den boken ger oss tillfälle att prata om äldre människor, kärlek och liv.

Alla människor kan bli kär. De som är kära är vackra och livliga.

Continue Reading